Photo Mirage

- 光の幻影 -

追想

追想
完成したばかりの道路の中央に立ち、カーブの先を見つめる。
カメラを低く構えた時、何か懐かしいデジャヴュを感じた。
…そういや高校生の頃、こんな感じの3Dのレースゲームの画面を見て感動したっけな。
あれからずっと、俺は車が大好きだ。

撮影機材:α55 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

交鎖

交鎖
観覧車に乗るのは何年ぶりだろう。
夜の訪れと同じ速度で、ゆっくりとゴンドラは昇っていく。
窓の外を見れば、そこには小さな小さな街の姿と巨大な観覧車の構造物。
その2つの対比が面白くて、しばらくぼうっと眺めていた。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

邂港

邂港
時々、桜木町を歩きたくなる。
何度も来ている街なのに、いつもそこには新しい発見がある。
何も変わらないようでいて、常に何かが変わっている街。
港にまた、夕闇が降りる。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

感謝

感謝
美味しい料理、愉しい仲間、待ちきれずに空いたグラス。
幸せな時間は、経つのが速い。
今年も夏も、あっという間に過ぎていった。
みんな、ありがとう。

撮影機材:Rolleiflex MiniDigi AF5.0

photo by ARCADIA

幻飾

幻飾
見慣れた街の風景が、突然幻想の世界に変わる。
鮮やかなブルーの電飾が、手を繋ぎ言葉を紡ぐ恋人達を静かに照らす。
クリスマスの季節だけに訪れる、特別な時間。
いつまでも終わらないで欲しいと、少しだけ想う瞬間。

撮影機材:Rolleiflex MiniDigi AF5.0

photo by ARCADIA

光海

光海
雨雲の垂れ込める夕の入り。少し深く時間の進んだ先。
絢爛と輝く横浜の夜景に、昔寄り添った女性を思い出す。
…後悔?いや、もうそんな感覚も忘れたか。
セルリアンブルーに揺らめく海に映る感傷は、セピア色だった。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

甘誘

甘誘
カカオとバターとミルクの香りがとろけあい、
甘い甘いチョコレートの誘惑となって鼻をくすぐる。
俺は甘い物に目が無い。甘くてほろ苦いチョコレートが大好きだ。
そんな俺の性格は、やっぱり自分に甘かったりする。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

街空

街空
横浜という街を象徴する風景。それは空にある。
ここはビルの屋上。港の涼しい風が吹き抜けていく。
ベンチの脇に植えられた木の陰から、クレーンを静かに見上げた。
まだ上を目指そうというのか…。空は年々狭くなっていくんだな。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

買楽

買楽
俺の雑貨好きも困ったものだ。
雑貨屋と見れば、見境無しに入ってしまう。
子供向けの玩具、女性向けのアクセサリー。何を見ても目を輝かせてしまって。
そんな嬉しさや抑え切れない高揚感は、写真に残せているだろうか。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

幾何

幾何
自然界の法則は、実に単純だ。
フラクタル幾何学…そんな言葉で片付けようとする学者も居る。
こうしてサボテンを見ていると、それもまた真ではないかと感じてしまう。
そのトゲとトゲの均一な隙間に、数式を見つけたくなってしまう。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA
1 / 2 >>

管理人ARCADIAのメインブログ
モバイル端末特化型超縦長ブログ!
PCで見ても縦長のまま!?
書きたい放題でほぼ毎日更新中♪

【 お知らせ 】
<2013年2月3日>
更新を再開しました。

このページの先頭へ