Photo Mirage

- 光の幻影 -

円瞳 - reminiscence #020 -

円瞳
なんとも不思議な光景だ。自分の視線のすぐ横に、キリンの顔がある。
まるで昔からの知人と会話をするように向かい合う。
「やあ、今日もいい天気だね。」『そうだね。少し眠いよ。』
そんな風に、円らな瞳が話し掛けて来そうだ。

撮影機材:α55 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

夕愁 - reminiscence #019 -

夕愁
日が沈む。池に浮かぶ船の上で、名も知らぬ鳥達が羽根を休める。
空が薄紫色から濃い藍色へと変わっていく時、人は寂しさを感じる。
退いては寄せるさざなみのように、人の想いは小さく揺らぐ。
もうすぐ夜が来る。感傷に浸るのは辞めておこう。

撮影機材:α55 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

昂揚 - reminiscence #018 -

昂揚
木陰で空を見上げると、そこには紅葉が輝いていた。
光の粒の中で、弾けるように。踊るように。
紅葉は秋の終わりを告げる使者だ。しかし、そこに悲壮感はない。
まるで気持ちを高ぶらせるように、ただ輝いていた。

撮影機材:α55 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

独立 - reminiscence #017 -

独立
都会の喧騒を離れ、しばし晩秋の庭園を楽しむ。
少し肌寒い風が吹く中、その花はひっそりと咲いていた。
花の名はアザミ。花言葉は『独立』。俺ももう独立して早7年。
俺はこのアザミのように、小さくとも凛として咲いているだろうか。

撮影機材:α55 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

空白 - reminiscence #016 -

空白
2年間……空白があった。いや、もっと長かっただろうか。
心の病。定まらぬ想い。人生に迷い続ける日々。
ようやく、写真を見つめ直す事が出来るようになった。
もうすぐ春だ。きっとまた、やり直せるさ。

撮影機材:α55 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA

黙馬 - reminiscence #015 -

黙馬
「この木馬、よく出来てるよね。」『…そう?』
小さなテーブルを挟んで、彼女と気の無い会話。
躍動感と沈黙の隙間。木馬は何も語らない。
まるで2人の心を覗き見るように、じっとこちらの様子を窺っていた。

撮影機材:DiMAGE Xt

photo by ARCADIA

褐色 - reminiscence #014 -

褐色
褐色に焼けた肌が眩し過ぎる。
彼等を表現する言葉をイロイロ探したが、
どうにも『褐色』の2文字しか見つかりそうにない。
彼等は夏が作った芸術品だ。夏にバンザイ!

撮影機材:DiMAGE Xt

photo by ARCADIA

蒼風 - reminiscence #013 -

蒼風
真っ青な空に真っ直ぐ伸びるビル。
距離感を麻痺させるほど澄み切った空気。
ガラスに映る空が、もう1つの世界を作り出す。
2つの世界を結ぶように、風が吹き抜けていく。

撮影機材:DiMAGE Xt

photo by ARCADIA

達磨 - reminiscence #012 -

達磨
だるまさんとにらめっこ。
子供の頃、彼には散々お世話になった。
御役御免となった今でも、彼は俺を見守ってくれている。
感謝の気持ちを込めて、記念撮影。

撮影機材:DiMAGE Xt

photo by ARCADIA

春歓 - reminiscence #011 -

春歓
季節の訪れを、花の色で知る事が出来るのは幸せだ。
淡い桃白色の梅の花が、踊るように咲いている。
まだまだ弱い陽の光を浴びて、春が来たと精一杯歓ぶ。
心なしか、風も温かかった。

撮影機材:DiMAGE Xi

photo by ARCADIA
1 / 2 >>

管理人ARCADIAのメインブログ
モバイル端末特化型超縦長ブログ!
PCで見ても縦長のまま!?
書きたい放題でほぼ毎日更新中♪

【 お知らせ 】
<2013年2月3日>
更新を再開しました。

このページの先頭へ