Photo Mirage

- 光の幻影 -

壱凛 - 桜香十篇 #007 -

壱凛
大木の端で、遠慮がちに咲く桜が一輪。
空へと伸びる立派な枝とは違い、若い枝は謙虚に花を開かせる。
その姿は、どこか人にも通じるものがある。
いつかきっと、大きな枝となって大輪を開かせるのだろう。

撮影機材:α300 + DT 18-250mm F3.5-6.3

photo by ARCADIA
<< 六芒 - 桜香十篇 #006 - | main | 夫婦 - 桜香十篇 #008 - >>









http://photomirage.jugem.jp/trackback/83

管理人ARCADIAのメインブログ
モバイル端末特化型超縦長ブログ!
PCで見ても縦長のまま!?
書きたい放題でほぼ毎日更新中♪

【 お知らせ 】
<2013年2月3日>
更新を再開しました。

このページの先頭へ